しゅがらぼ

わたしの日常はあなたの非日常、かもよ

陸上競技経験無しの元運動部がフルマラソンを初めて走ったので経験談を晒してみる

f:id:sucrose74:20170828121011j:plain

( ੭ ˙ᗜ˙ )੭<こんにちは!
札幌に帰省しています。どうもしゅがーです。

昨日、北海道マラソンに参加してきました。
長距離走経験はなく、フルマラソンも初の経験でした。
元バドミントン&卓球部、運動部歴10年の私ですが、結果は33キロ走った時点で35キロ関門に到達できず脱落でした…。

初心者ランナーさんでも完走できる!みたいな記事は多々ありますよね。
ですが、初心者ランナーがフルマラソンにチャレンジして失敗して、何はよかった何はダメだった、って記事はそんなに多くはないと思います。

そのため今回は、マラソン初心者の元運動部が初フルマラソンを体験した話をまとめてみます。
フルマラソンを走らざるを得なくなった初心者ランナーさん、元運動部だけどマラソンみたいな長距離経験は無いなぁというランナーさんはよければ参考にして見ていただければと思います。

持っていてよかったもの

1:帽子
直前に買いました。今まで夜にランしてたので日差しを感じることがありませんでしたが、実際真昼間に走ると暑いです。
メッシュの帽子がいい感じに快適さを保てて◎でした( ੭ ˙ᗜ˙ )੭
私が購入したのはマラソンExpoで出店していたsvolmeのメッシュキャップです。ランキャップはそもそも浅いものが多く、風邪で飛びやすいのが難点ですが…

SVOLME スボルメ メッシュランキャップ 帽子【17350421】陸上・ランニング用品 CAP 熱中症対策 紫外線対策 日射病予防

価格:3,780円
(2017/8/28 12:26時点)
感想(0件)

2:ウエストポーチ
これも直前で買いました。
飴、ポケットティッシュ、ゼリー状ドリンクを入れてました。
マジックテープタイプだと、ベルトの長さが途中で変わったりしないし長さ変えるのも楽なのでオススメ。
ただ、ボトルホルダーも本当は欲しいところなので(左手に持って走っていたら左肩が痛くなりました)、ボトルホルダーは別で欲しいですね。

スボルメ svolme ランニング ウェストポーチ ランニングバッグ 171-27320 バッグ 収納 アクセサリー

価格:3,666円
(2017/8/28 12:55時点)
感想(0件)

3:ゼリー状ドリンク等カロリー摂取を手軽にできるもの
今回は脚が痛すぎてスピードが出せずに脱落しましたが、体調面は特に問題ありませんでした。
ほかの倒れている方もいる中、体調面に何も問題なく走れていたのは適宜カロリーをとっていたからだと思います。エイドだけだと厳しいし、エイドによるたびに脚が止まりますね。
あとはグリーンダカラを飲みながら走っていましたのであんまり問題なかったのかも知れません。適度に甘くてさっぱりしてて、やっぱりグリーンダカラいいですよ。

持っていた方がいいなと思ったもの

1:スマホホルダー
スマホアプリのrunkeeperを見ながらペースを確認していましたが、ポケットにスマホを入れてると水を体にかけた時に故障するかなあとか思ってかけられませんでした。
できれば防水性の腕につけるホルダーが欲しいですね。
ランキーパーみたいなペース測れる手段は絶対もっといた方がいいですよ!特に元運動部みたいな過信とプライドがつまってる方々は(私もそうです)

2:ランニングタイツ
だいたい初心者の走りは荒くて脚が痛くなることが多いです。
そんなときはランニングタイツで補正しましょう。
怪我防止、疲労防止にもなるみたいです。私はランニングタイツではないスパッツを履いて走り、途中までは着圧でなんとかなりましたが、膝の痛みが出てしまったのでやはりランニングタイツが良さそうです。初心者だからカッコつけてるみたいでいやとか思ってましたけど、初心者だからこそ守りは固めるべきだなと思いました。

本番前にこれは絶対やっとくべきだったと後悔したこと

1:筋持久力の強化
マジで足痛くなります。もう一歩も歩けないよというくらい。
10キロ走って筋肉痛にならない程度には走り込むべきだったなと思いました…。(10キロで筋肉痛なってました)
15キロくらいでしんどくなり始めると完走は厳しいです。途中で脚を止めるともう動かなくなりますし。

2:筋肉の柔軟性を高める
すっげー脚が痛くなるのですが、なんとなく関節というよりも筋肉がもう固まっちゃって伸ばせない動かない、という感覚の痛みでした。普段から筋肉と体が柔らかければもうちょい痛めずに走れたのかなと思います。
あと踵からつかないように、歩幅は狭くあまり足を浮かせずに走ろうとしていましたが、途中から膝が曲がりにくくなりました。これは走り方の問題もあるかもですが、筋肉の柔軟性の問題もあるかも知れません。
ここに関しては柔らかいほうがいいのかどうかわからないので、自分で検証してみたいと思います。

とりあえず今後の課題は脚をいかに耐えられる状態に持っていくかですね。
マラソンの魅力に取り憑かれてしまった気がしなくもないので、色々ためしていってみたいと思います!